ぼくの絵本美術館 堀内 誠一

£ 7.50

In stock

あの『ぐるんぱのようちえん』の!
あの『アンアン』の!

『アンアン』をはじめ、
『ブルータス』『ポパイ』『オリーブ』と
数々の雑誌のロゴデザインを手がけ、
天才的なアートディレクターとして活躍した堀内誠一の
もう一つの顔。それが、絵本作家です。
『ぐるんぱのようちえん』『マザーグースのうた』など
幼少の頃、手にした人も多いのでは?

絵本は官能的だ。

堀内誠一が生涯愛しつづけた絵本の世界とは
いったいどのようなものだったのか――。

ラスコーの壁画、マチルダのタピストリーから
ボッシュ、ブリューゲル、シャガール、カンディンスキーまで、
絵本の古典コールデコット、モンヴェル、グリナウェイから
現代のムナリ、レオニ、長新太まで――。

本書は、絵本の歴史と魅力を一望する画期的な絵本論。
ここでしか味わえない「偏愛的個人美術館」です。
カラー図版多数収録。

Condition

良い

Original Price

¥3,565

Type

A5判

Top