困難な成熟 内田樹

£ 2.50

Out of stock

夜明けを目にすることができるのは、
夜明けまで生き延びた者だけである

「お金とは何か」「執着と矜持を分けるものは何か」「人間にとって働くとはどういうことか」等リアリティのあるテーマを掘り下げていく、14歳から読める自由と勇気の人生案内本。

第1章 社会の中で生きるということ
責任を取ることなど誰にもできない/正義が成り立つ条件/ルールとの折り合いをつける/フェアネス(公平・公正)とは何か/日本を変えていくには
第2章 働くということ
労働とは不自然なものである/組織の最適サイズ/会社とは「戦闘集団」である/「やりたいことをやる」だけでは人生の主人公になれない/執着と矜恃を分かつもの/運と努力の間で
第3章 与えるということ
格差論のアポリア/贈与のサイクルはどこから始まるか/贈与の訓練としてのサンタクロース/わらしべ長者が教えてくれるお金の話/大人になるとは
第4章 伝えるということ
最近の人がすぐにバレる嘘をつくのはなぜか/死について考える/「青年」がいた時代
教育とは「おせっかい」と「忍耐力」である/メンターからの「卒業」/子育ては誰にでもできる
第5章 この国で生きるということ
「愛国者」とは誰のことか/トラブルは「問題」ではなく「答え」である/常識の手柄/今、日本人が読むべき本七選

Condition

ほぼ新品

Original Price

¥825

Type

文庫

Top